前田穂南(女子マラソン)が19年ぶり日本記録更新!パリ五輪代表の残り1枠をかけた戦い!

日本女子マラソン界を盛り上げる、前田穂南選手。

2021年東京オリンピックでも女子マラソン代表に選ばれています。

そんな前田穂南さんですが、今回「パリ五輪」への残り1枠をかけて

第43回大阪国際女子マラソンを走りました。

そんな前田穂南さんの熱い戦いをみていきましょう!

目次

前田穂南日本記録更新!

現在の女子マラソンの日本記録は、

野口みずきさんが持つ「2:19:12」という記録です。

この記録は、2005年以降一切更新される事はありませんでしたが、

2024年1月28日、「第43回 大阪国際女子マラソン」で

前田穂南さんが記録更新となりました。

パリ五輪への出場もかかる、プレッシャーもかかる中

前田穂南さんは、中間点で一気に仕掛け、先頭集団から1人飛び抜けていきました。

その後ペースが落ちることもなく、

「日本記録更新ペース」と騒がれ、日本記録更新となれば19年ぶりになるので

日本の女子マラソンの歴史が変わる貴重な瞬間です。

前田穂南選手は、後半独走状態だったため、

パリ五輪の出場より、日本記録更新との戦いでしたね。

前田穂南さん自身が持つ自己ベストは「2:22:32」で、

日本記録とは3分以上も差がありましたが

本人の努力の積み重ねで今大会

「2:18:59」という記録で見事日本記録更新となりました!!

このパリ五輪大会前に、日本記録を更新できたことは、本人にとってもとても自信になったと思います。

東京オリンピックでは、不完全燃焼だったと本人も語っているので、

パリ五輪ではぜひ頑張ってほしいですね!

前田穂南は2回も水を取り損ねていた

前田穂南選手は、今大会水を2回も取り損ねてしまい

後半かなり苦しい戦いになってしまいました。

それに加え、前田穂南選手にとって苦手な雨も降り出し、

日本記録更新に立ちはだかるアクシデントが沢山起こりました。

それでも日本記録更新を目指し最後まで全力を出し切った前田穂南選手。

前田穂南選手は大会前から、「日本記録更新」を目標に今大会に挑んていたようです。

パリ五輪の出場もかかった大会で、

「仕掛ける」という事はとてもリスクのある挑戦です。

それでも勇気を持って仕掛けた結果が、今回日本記録更新という結果に結びつきましたね!

この日本記録更新を成し遂げる事は決して簡単ではなかったはず。

前田穂南選手の活躍をこれからも応援していきましょう!

まとめ

今回、日本新記録という歴史の残る瞬間を生み出した前田穂南選手。

パリ五輪への出場にも大きく前進しましたね。

日本だけでなく、世界で戦っていくために目指した日本記録。

これからの前田穂南選手の活躍にも期待できますね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次